努力家な庭野仁司の悩みについて

庭野仁司は、北海道札幌市から上京してきて、現在では埼玉に暮らしています。30歳になる彼ですが、非常に努力家として知られています。庭野仁司は、東京で働いていますが、昼間は派遣のアルバイトをしています。そして、夜になると居酒屋さんで掛け持ちのアルバイトをしています。それだけでなく、平日の派遣は固定のアルバイトですが、週末には単発で別のアルバイトをしています。ほとんど休みなく仕事をしているといっても過言ではないほどです。

そんなに働き詰めの庭野仁司ですが、そのお給料はほとんど貯金に回しています。趣味は何かと聞かれたら、「貯金」と答えるほどです。また、その貯金のために、節約家な一面も見せています。その分かりやすい例は、お昼ご飯にあります。男性のランチになると、普通は、外食になりがちですが、庭野仁司の場合は、手作りのお弁当を持参しています。それだけでもかなり節約家と呼ぶに値するエピソードなのですが、そのお弁当の具材は、夜のアルバイトの居酒屋さんでもらってくるお惣菜だというから驚きです。お金を使う暇もなく働いて、そのうえほとんど食費が掛からない生活をしていますので、お金は溜まる一方です。

庭野仁司には、悩みがあります。それは、地元へ戻るべきかどうかというものです。彼はもともと、やりたいことを探すという目的で上京してきました。若いうちからアルバイトに明け暮れ最初の内は良かったのですが、結局30歳になった現在でも、これというやりたいことが見つかったわけではありません。仕事もアルバイトということで、将来にも不安はあります。それが貯金の原動力になってきたということはありますが、関東は家賃も物価も高いです。アルバイトを掛け持ちして稼いだ年収400万円では、年に何百万円も貯められることはありません。

そうなると、北海道の地元に戻って、家族と一緒に過ごすということも悪くないと考えるようになってきました。庭野仁司の家は非常に仲のいい家庭のため、少しホームシック的な気持ちにもなるようです。庭野仁司には、兄弟がなく、実家には母と祖父母が暮らしています。自分が30歳にもなると、家族もだいぶ年老いてきたと感じるようです。特に祖父母は、もう耳も遠くなってしまったようです。お休みもあまり取らない庭野仁司ですが、ここ1、2年は、地元にもできるだけ帰るようにしています。その際に、家族からも「こっちに戻ってこないか」と言われることもあり、心が揺れているようです。